雑記・メモ

 身内の出来事や小ネタなどを紹介予定。



過去ログ

2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年

2020年8月13日(木)

新戦争 自粛派 VS 経済派


全都道府県から緊急事態宣言が解除されてから、約3ヶ月が過ぎた。

そしてここ最近では、世間のウィルスに対する考え方も色々と変わってきたため、改めて今の現状と自分の考えを整理したいと思う。


4月7日に緊急事態宣言が発令された頃は、世間も政府も府も都も「とにかく外出するな、自粛しろ」という考えであった。

これはウィルスの感染は「人と人との接触」で発生するため、人の動きを止める手段として自宅待機する事が正しいと言われてきたからだ。

他にも「3密を守る」「密閉空間は換気する」「マスクをする事で感染予防+他人にウィルスをうつしずらくなる」も徹底して言われ、緊急事態宣言中は皆これを守っていた。

…中には「品薄のNintendo Switchを求めて人が密集する」「自粛疲れで外へ遊びに行く」等、イマイチ良く分からない人たちも居たが、それでも8割以上の人は「なるべく外出しない、自宅待機」を心がけていたと思う。

こうして多くの人たちが自宅待機を守ってくれたおかげで感染者数も減り、5/25に緊急事態宣言が解除された。

解除されたからといってウィルスは身近に居るのは確かなため、これからは「ウィルスに気を付けて生活していく必要がある」のは世間の常識になるだろうと"私は思っていた"。


しかし、現実は『緊急事態宣言の解除=普段の生活に戻っても良い』と認識した人が多く、繁華街では全く3密を守らない程、人が集まってしまった。

結果的に夜の町を中心に着実に感染者数が増えてしまい、今では東京の感染者200人を超えるのが当たり前と思われるほど感染者数が増えてしまった。

誰が見ても今の対策では不十分なのは目に見えているが、ここで新たな考え方を提示する人が増え始めた。

それが自粛よりも経済を優先する考えをもつ『経済派』の登場である。

これは緊急事態宣言による長い自粛期間があったせいで、多くの企業が倒産してしまった。

もしも、再度緊急事態宣言を発令してしまうと、更に多くの企業が倒産してしまう。そのため、自粛するよりも積極的に外に出て経済をまわすべきという考えが出てきたのである。

実際に、今政府はGoToキャンペーンという観光業界を支援するため、なるべく国民に旅行してもらって経済をまわす政策を取っている。

そして、感染者数が増えている現状でも再度緊急事態宣言を発令する考えはなく、経済派の人たちは政府の考えに沿っているため、考えが間違っているわけではない。

しかし各都道府県では、お盆での帰省や県を跨ぐ移動は控えて欲しいと明示する知事が多く、政府との考えが色々と一致していないのである。

結果的に我々国民は、自粛するべきなのか、経済をまわすべきなのか"何故か"混乱を招いており『自粛派』『経済派』に考えが分かれてしまった。

ここで『自粛派』と『経済派』の考えを整理してみた。


【自粛派】

・人と人との接触や3密が感染を広げるのは事実。今まで通り外出は自粛するべき。

・無症状でも人にうつすリスクがある。国民全員が自分が感染者である自覚をもつべき。

・外出して経済をまわしても潰れてしまう企業があるのも事実。残念ながら諦めるしかない。

・東京が感染源だから地方に帰省するな。東京よりも病床数が少ないので感染爆発したらどうにもならない。

・ウィルスは死亡率が低く、軽症も多いらしいが、陽性から陰性になっても後遺症が残るケースもある。


【経済派】

・外に出て経済をまわさないと多くの企業が倒産する。そしてどんどん治安も悪くなり、空き巣や詐欺、暴動も増えてくる。

・マスクをつけて、なるべく3密にならず、対面での会話を避ければ感染対策としては十分。

・そもそも緊急事態宣言で自粛していた期間自体が、多くの企業を倒産させるだけで無駄に終わっている。

・長い自粛は疲れてしまう。定期的に外に出て息抜きするのも大事。

・罹っても死亡率が低く、ほとんど軽症なので大きな問題にはならない。コロナはただの風邪。


大体こんな感じかと思われる。

経済派の人を援護すると、あくまで「感染対策をした上で外に出て経済をまわすべき」という考えであり、この「感染対策」をしていない者は経済派からも大きく叩かれてしまう。

最近だと『クラスターフェス』という、「3密」「マスク着用」「対面での会話」を一切守らずに渋谷で集会し、山手線を一周したという、とんでもない集団が現れたのだが、これは流石に異常過ぎると自粛派経済派問わず、多くの人が批判した。


では改めて私はどちらの派閥を支持するかというと、これは断然『自粛派』と言う。

結局は人と人との接触が感染の全てであり、それを防ぐ最も簡単な方法は自宅待機に変わりはない。

そして「自粛していると疲れてしまう」の考えは、やっぱり自分には理解できない。

仮に最新のPS4やSwitchを持っていなくても、昔のゲームの縛りプレイやRTAをやっていれば、いつの間にか1日が終わる。

最近は知り合いでも、「カラオケに行きたい」とか「映画館に行きたい」と言っているが、こちらは「家でプレイステーションをしてろ!」が全て。

ちなみに以前「不要不急の外出をどこまで削れるかの検討メモ」で、「ゲーセンに数回行って、ゲーム会も開けそうなら開く」と書いたが、これも今年は全面中止にした。

不要不急な外出は不要不急な外出という事。わざわざ自分が罹るかもしれないリスクや、人にうつすリスクを背負う必要はない。

経済をまわさないと企業が潰れてしまう問題については、これはどうしようもないの結論だと思う。

仮に私が外に出て支援したい店にずっと行っていたとしても、私一人の力ではどうすることもできないし、これは諦めるしかないと思われる。


という事で私は『自粛派』を宣言したため、これからは『経済派』と戦争する可能性が出てくる。

『自粛派』とはいえ、別に私は他人に自粛しろと強要するわけではない。

『経済派』の経済をまわす考えも間違いではないし、それこそ考えの違う人間に自分の考えをごり押ししたら、それこそ『自粛警察』と言われる過激派になってしまう。

他人の考えにはそこまで突っ込まない、それでも自分の考えと、他人に迷惑をかけずに自分の考えに沿った行動をとる。それだけの事である。

結局は今まで同様『生活必需品の購入』『仕事&仕事の付き合い』『散髪』『クリーニング』『現金の入金・出金』『ゴミ出し』等、不要不急ではない外出以外は外出を避ける。これを徹底するだけ。


2020年6月8日(月)

Cuisine2の検証メモ

◆珠風

プレート1&2機首上げドリフト2ブースト159

プレート1&2機首上げブースト148


◆LAVCAR

プレート1&2機首上げドリフト2ブースト155

プレート1&2機首上げブースト144


◆Cuisine2

プレート1&2機首上げドリフト2ブースト200越えオーバー

プレート1&2機首上げブースト150


プレート2機首上げドリフト2ブースト200越えオーバー

プレート2機首上げブースト149


プレート1機首上げドリフト2ブースト159

プレート1機首上げブースト148


補足

・Cuisine2はブーストすると普通より速くなる(機首上げ走行115キロ→機首上げブースト149キロ)

・160キロを超えると200キロオーバーのスピードとなる

→今までの神威加速+ブースト等で200キロオーバーになっていたのも同じ現象と思われる

・機首上げ160キロ以上のCuisine2で直進した場合、更に速くなる超加速現象も確認

→今後は160キロオーバーの加速と、直進時に400キロ500キロオーバーになる超加速現象とは、明確に意味を分けた方が良さそう

・Cuisine2のプレート2積み機首上げブースト加速から、加速床を踏んだ際も200キロオーバーを確認

→加速床が多いステージで悪さできるかも

・テンプレ編成は以下の3通り

①加速特化

 高出力バッテリー1~5

 加速フィルター1~5

 軽量型ライドプレート2

 E.P.Dドリフトアンプ1~2

②ドリフトアンプ特化

 高出力バッテリー1~5

 加速フィルター1~2、4~5

 軽量型ライドプレート2

 E.P.Dドリフトアンプ1~3

③対放水路用特化

 高出力バッテリー1~5

 軽量型ライドプレート2

 E.P.Dドリフトアンプ or 加速フィルターを抜いてハンドリング強化

→①、②については、加速を上げるかドリフトゲージ回収力を上げるかの選択

 加速はスタートダッシュ、旋回、壁激突、ブレイクからの復帰時に影響し、200キロオーバーの加速を実現するのに影響は無いため、ブースト継続を重視した②の方が良いかも

→③はまだ使った事ないので分からないが、ハンドリングを上げればドリフト加速を多用する地下放水路でも悪さできるかもしれない

・マシンの速度、加速は高くないので、ジャンプ台が多いステージならLAVCAR + 神威加速に軍配が上がる

→逆にジャンプ台が少なく、ドリフト加速+直進が活かせるステージならCuisine2に軍配が上がる

・200キロオーバーの加速を機首上げ状態で常に継続しないといけないため、かなりの操作精度を要求される

→仕様を活かせないと最弱性能そのままのため、これぞ玄人向け

・珠風のプレート1&2積み機首上げブーストから加速床を踏んだ際は159キロ、プレート1&2機首上げドリフト2ブースト加速も159キロなので、ドリフト加速と加速床を両立しないと珠風で200キロオーバーにできない

→Cuisine2がプレート2を積むだけで200キロオーバーが実現できる事から、珠風とCuisine2は高木Pの神調整


2020年5月26日(火)

不要不急の外出をどこまで削れるかの検討メモ


先日、全都道府県で緊急事態宣言が解除された。

しかし、解除されたからと言ってウィルスは消えた訳ではなく、今後は外のあらゆる所でウィルスが存在する事を承知の上、生活していく必要がある。

そして我々が考えないといけない1つとして、今後も不要不急の外出をなるべく控える必要がある。

という事で今回は、私が予定している『不要不急の外出』を記載する。


【1.アーケード版けものフレンズ3 プラネットツアーズの資料収集】

タイトルの通り、明らかに不要不急の外出である。

去年はゲーセンを大赤字させた戦犯として数少ないアーケードゲームの案件だった事もあり、適度にレベリングをして遊んでいたが、今年は経済の悪化とともに各地のゲームセンターも苦しい状況となっている。

そのため、ゲームセンターから優先して撤去される可能性もある上、更には今年サービス終了になる可能性もある。

アプリ版の方は比較的好調?とは聞くので、アプリ版が生きている限りはサービス終了の可能性は少ないが、それでも長くて来年持つかといった所だと思われる。

我がクソゲーライブラリとして是非とも資料を残しておきたいのだが、問題は何回資料収集をしにいくかによる。

やりたい事は決めているので、上手くいけば1回の外出で済ませる事もできるが、内容がイマイチになってしまう事を考慮すると、最大3回には抑えたい。


【2.ゲーム会】

これも明らかに不要不急の外出である。

今年の目標として『ゲーム会の強化』を目指していたが、オフラインでやるゲームがほとんどのため、対面でプレイする密な状況を作り出してしまう。

それなら、オンラインだけでやれるゲームでゲーム会を開けばいいと思われるが、その場合はそれぞれの参加者に環境を用意してもらう手間が発生するため、残念ながらこの案は没となってしまった。

そうなると、密な状況を作るゲーム会の開催は厳しいのだが、今年はどうしてもやりたい事がある。

それは、既に当HPの更新内容で察しが良い方は気付くかもしれないが、ブラウザフラッシュゲーム対戦会である。

ブラウザのフラッシュ対応が今年で終わる予定のため、来年以降、二度と遊べなくなる可能性がある。

そのため、ゲーム会については感染状況を見極めて、良くて今年1回だけ開催できるかといったレベルで検討する。

無理だと判断した場合は、個人で資料集めして終わりにすれば良いだけの話である。


という事で、今想定される不要不急の外出は以上である。

後は不要不急ではない外出として、『生活必需品の購入』『仕事&仕事の付き合い』『散髪』『クリーニング』『現金の入金・出金』『ゴミ出し』etc で外出する事になるだろう。

いや「本当に不要不急の外出をそれだけで済ませられるのか!」と言われそうだが、前回のメモにも記載したが、家にずっと居てストレス面的な問題は今の所全く感じられない。

寧ろ、家に居る時間が長くなった事で、大好きなゲーム攻略に割り当てられる時間も長くなり、去年より幸せに感じてるレベルである。


そんな感じで今年の新たな目標が決まりました。

『不要不急の外出を最低1回、最大4回までに抑える』

これでいきましょう! 今こそ数々の"世間の"クソゲーで鍛え上げた忍耐力を試す時である。


2020年4月16日(木)

一応生存報告


ここ最近は新型コロナウィルスの影響で、多くの方が感染および外出自粛となり、当サイトしても一応生存報告。

私は既に会社から自宅待機要請が出たため、基本は「生活必需品を買いに行く事」以外は一切の外出をしていない。

こんな世の中な事もあって怪しいセールスが来るが、つまらない話で接触したくないのでインターホン越しで適当な理由を付けてお断り。宅配物の受け取りでの接触も嫌なので、Amazon等の配達サービスも一切利用していない。

という感じで、今私が感染するとなれば、買い物に行った先か、その道中ぐらいに絞られている。

学校や会社から自宅待機要請が出ていない人は仕方ないが、正直これぐらい意識しないと、人との接触を8割抑えるのは無理だと思われる。

テレビやネットの情報を見て、「暇だから外に出る」とか「品薄のNintendo Switchが出荷されたから取りに行く!」とかは、私としては「???」としか思えず、全く考えが理解できない。

そんな私は家にいて暇でストレス抱えているのかというと、そんなことはない。

ゲーム攻略サイトを立ち上げている事もあり、元々家で遊ぶ方法しか知らないような人間なので、「暇だから外に出る」とかの考えが理解できないのである。

私が普段の生活で外に出てやる事とすれば「買い物する」「外食を食べる」「ゲームショップを漁る」「ゲーセンへ行く」ぐらいで、別に外に出なくても家でゲームをしているだけで一日が終わるのである。

このような負け組オタクニートみたいな怠惰な生活を送っているが、今はこれが正しい生活とようやく世間から認知された俺時代が来たという事である。引きこもりが世界を救う物語が既に始まっている。

そして今年は豊作と言えるほど、新作ゲームがかなり楽しめているので、家にずっといても私のゲーム攻略が終わる事は無い。

という訳で、皆様も外に極力出ず、家でプレイステーションでもしときましょう。今は『神田川ジェットガールズ』ってゲームが超おすすめです。


2020年1月1日(水)

お知らせ&2020年の目標について

当サイトからのお知らせ1件と、今年の目標について。


お知らせ

去年の6月10日にBBSのURLを削除したが、一旦復活させた。

これは荒らしと思われる書き込みが多発したため、一時対応として削除する事としたためである。そもそも2014年10月20日以降、誰も利用していなかった事もあったが。

ただし、再び荒らしコメントがひどい場合はまた削除し、BBSの代わりとなるコンテンツに変更する予定である。


今年の目標

今年の目標を記載する前に、去年の目標について振り返る。

去年は『既存ゲームのやり込み・地盤固め』を最大の目標とし、「HOSHIGAMIの塔禁止隠しボス撃破」(当サイトでまだクリアレポート書いてないですが…)、「双翼のバトル輪舞曲のマニアックモードの攻略」辺りは、とりあえず達成できた。

それでも、まだまだやり込めていないゲームは多々あるため、このまま今年も同じ目標で継続しても良いが、同じ目標では怠惰に進んでしまう可能性がある。

そのため、今年は以下の方針で進めていく事とする。


【ゲーム会の強化】

基本的に身内で集まって、世間のクソゲーマイナーゲー対戦を実践する場として設けていたゲーム会。

以前までは同じゲームばかりしていたため、ゲーム会参加者も飽きがきていた(と思う)。

そこで今年からゲーム会のテーマを決め、多種多様な対戦ゲームを取り入れて面白い対戦ゲームを探す事を今年の目標にしたいと思う。

既に去年の9月頃から色々なゲームをプレイできる様にゲーム会の方針を変え始めていたが、今年はこのゲーム会の開催数を増やし、未知なるゲームの発掘をしていく。

この方針での問題点は2つ有り、1つは対戦ゲームの都合上、人が集まらないと何もできない事である

こればかりは、参加者とのスケジュールやテーマに興味があるかに合わせて開催する必要がある。

もう一つはお金の問題である。

多種多様な対戦ゲームを取り入れるという事は新しいゲームを買うという事であり、必然的にゲームを購入する資金が必要である。

遊びたいソフトによってはゲームハードを複数台購入する必要があり、そうとなれば軽く1万を超える場合もある

当然ではあるが、当サイトはゲーム攻略をメインにしている以上、ゲーム会当日でのデータ破損等を除き、買ったゲームは最低限メインストーリークリア&全キャラ解放を目指す。

ソフトを買う目的が「対戦会のネタに使う」だが、全て初期データで対戦を行うのは、いち自称ゲーマーとしてはやりたくない。


という感じで、今年の目標は『ゲーム会で遊べるゲームを増やし、隠れた名作対戦ゲームを探し当てる』事である。

もちろん今年発売の作品もプレイする予定であり、聖剣伝説4を応援する当サイトとしては、聖剣3リメイクの購入は確定している。

ここ最近はどの企業も新規タイトルで勝負するよりも、過去作品を復活させようとリニューアルやリメイクをする方針が進んでいる

当サイトもそれらの動向を伺い、中には原作を改変され、最後に「大人になれ」と言われる作品にきt………気を付けていこうかと思います